日記と小説に似ても似つかないモノです
by kujikenjousiki
カテゴリ
日記
小説
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
フォロー中のブログ
日記なのか
キラキラデイズ☆
Any time at ...
⊂⌒~⊃*。Д。)-з
かぎられた時間の中で・・...
晴れ時々あたし
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

移転完了

引越し完了~w

何か色々勝手にリンク張っちゃったぃ。

………マァイイカ!!(゚Д゚)

とりあえずアド載せて置きますのでこれからはそっちでよろしくお願い致しますorz

http://yaplog.jp/kujikenjousiki/
[PR]
by kujikenjousiki | 2006-02-12 14:57 | 日記

ふぅ

見辛いらしいです。

というわけでブログ変えるかもー。
でもそっちでも見づらかったら閉鎖しかねぇな・・・

まぁそんな具合ですのでヨロシクヾ(´ω`)ノ
[PR]
by kujikenjousiki | 2006-02-12 03:35 | 日記

気紛れ話 ~FAIRY SNOW~(1)

「あの、すいません」

最初誰に対して言っているのか分からなかった。

唱えたのは女。

囁くような、ただ呼びかけるだけの、他に何ら意味などない言霊。

その言葉が、俺に対して放たれたという事に気づくのには、数秒が必要だった。

辺りを見回す。

雪が音も無く降り積もるこの静かな公園に存在するのは俺と彼女、二人だけだった。

「……俺?」

しかいないとは解っていても、訊かない訳にもいかないだろう。

俺は静かな声で呼びかけに応じた。

「はい…良かった、気づいて貰えて」

ホッと安堵の息を吐く。

吐き出された息が瞬時に凍り、白い靄となって消えていく。

可愛い子だな、と思った。

少し長めの、癖の無い黒髪。

前髪に隠れて見えにくいが、まだあどけなさの残る顔立ち。

眼は静かな光を湛えて、こちらを視ている。

「…妙な言い回しだ」

視線を彼女から外し、ポケットから取り出した煙草に火を付ける。

人を観察するのは趣味じゃない。観察されるのも。

彼女は、何が珍しいのか、少し離れた位置から俺をまじまじと見つめている。

それに、こんな夜更けにうろつくような不審者の話をまともに聴く程、お人よしでも無い。

「あぁ、すいませんすいません」と、俺の心を読んだかのように謝る。

…まるで俺が悪者のようじゃないか。

「いや、いい」

頭を上げさせ、向き直る。

とはいえ話を聴く気も無い。

俺は無視を決め込むように彼女の横を通り、去ろうとした。

が。

「あ…ま、待って…ください」

ギュウ、と裾を捕まれる。

カミサマ、俺何かしましたか。

紫煙を溜息代わりに吐き、振り返る。

「…何」

彼女の顔を見据える。

なんというか…彼女はそう、必死だった。

普段どういうコミュニケーションの取り方をしているのか知らないが、凄く興奮している。

目尻には涙を溜め、何事かを伝えようと必死なのである。

俺は、また溜息と一緒に紫煙を吐く。

もう逃げられんのだろうなぁ。とか考えながら。

アブナイ人に関わりたく無いというのもあったが、それ以上に。

予感がするのだ。

関わったらタダでは済まないという、絶望的なまでの予感が。

「あの、あの…」

というか、何でこの娘はここまで話下手なのだろうか。

さっさと本題を言ってくれればこちらとしても反応の取り様があるのに。

彼女は、俺に何かを言おうとする度に噛む。

まるで、会話をするのがこれが初めてだとでも言うかのように。

最早逃げる気さえも失って、俺は彼女の言葉をボンヤリと待ち続けた。

「あの…あの、あ、貴方の、貴方の魂をください!」

彼女は、ようやく俺に話を伝えられた、という事実に喜んでいる。

そして、それと同時に予感が的中した事を知り、俺は三度、紫煙を吐いた。

                          ◆

俺の名前は龍座一石(りゅうざ いっこく)

古くから伝わる神道の道筋を往く一族の一人だ。

つまりはまぁ、坊さんの息子ってとこだ。

そんな俺だからか、生まれた時から変な能力を持ってた。

実家である寺の和尚、俺の爺さんの言う話では能力自体はそんな珍しいもんでもないらしいが、俺個人としての資質が並外れているらしい。

例えば、幽霊を視る事のできる人間。

自分の目でそれを見る事ができる人間は、実は結構一杯いる。

TVやカメラ、ビデオの等の映像媒体を通せば、普段見る事のできない人間にも見れる。

幽世と現世の差なんて実際そんなもんだ。

だが、俺はちょいと話が違うらしい。

話というか何と言うか。

爺さんは人としての〝根本〟、造りが違うと言っていた。

俺は幽霊だったら見るだけではなく触れるし話せる。

相手が妖怪って呼ばれるモノなら、闘って祓う事もできる。

つまりは、そんな能力だ。

霊的濃度が高いというか、俺の魂が幽世と現世の境目に位置しているっていうのが理由らしい。

だからだろうか。

俺は彼女の声に応えてしまったのは。

                            ◆

「断る」

俺は即座に切って捨てた。

今の台詞で、彼女が人ではない〝何か〟だというのは十分に知れたから。

「えぇぇ」

素直に「いいよ」とでも言うと思っていたのか。

彼女は涙目っていうか泣きながら悲鳴を上げた。

「何でですかぁ?折角ちゃんと訊けたのにぃ」

グスグスと鼻をすすりながら、批難囂々。

「何でも何も、上げたら俺死ぬじゃないか」

何で俺が死んでまで彼女に魂やらねばアカンのか。

「だってだって、お腹減りましたよ?生まれたばっかりなんですから」

「知りません。というか何で俺なんですか」

恐らく、彼女は雪女だろう。

俺は魂の質柄、化生に命を狙われる事が多い。

流石にこんな捻りも何もない催促は初めての事だが…。

「うぅ、ひもじい上に寒くて死にそうです。死んだらどうするんですかー」

「何で雪女が凍え死ぬんだ。それにそんなに腹減ってるならその辺の山でも潜って精気の吸収でもしてくればいいだろ」

「ヤです。山の精気って青臭くて私のグルメな舌に合わないんですもの」

ならそのまま潔く逝け。

そうは思ったが、流石に口に出すのを抑えた。

「そうか、ではさらば」

今度こそ、普通の溜息を吐きながら俺は歩き去る。

いい加減付き合うのにも疲れ果てたし、何より彼女が化生と分かったのだ。

このまま相手をしていたら本当に魂を食われかねん。

「あー、待ってくださいお兄さーん」

俺は無視して歩く。

もうすぐ家だし、生まれた場所から出ずに生きるのが彼女等化生の慣しだ。

背中からは批難の声。

さっきと比べて凄く饒舌になってるのは幻聴としよう。

きっともう会う事も無いだろう。

                           ◆

実家から離れた場書にある学校に進学するために、俺は安アパートの一室を借りている。

初めての一人暮らしは何かと困難を極めたが、それも初めの内だけ。

ある程度落ち着いてくると、この生活もまた心地良かった。

ただ厄介なのは、合鍵の場所を入学した学校でできた唯一のマヴダチに知られてしまった事だろうか。

俺がバイトから帰宅すると、何故か人の部屋でくつろいでいる馬鹿を見る事も少なくない。

そして、今日もまた俺の部屋から明かりが漏れている。

溜息を吐きながら、今にも崩れそうなサビサビの階段を登る。

そして、鍵が勝手に開けられているのを確認し、ドアノブを回す。

「ただいま…」

「おう、お帰り~」

寝そべりながらTVを見、部屋の主に背中を見せて挨拶をするこの男。

壬生俊之(みぶ としゆき)

不良よろしく頭を金髪に染め、片耳にピアス。

ただコイツの場合見かけだけで、腕っぷしはからっきし。

こないだはちょっと本気で喧嘩をした彼女に伝説のパロ・スペシャルをかけられ、マジ泣きしていた。

まぁ女子プロな彼女相手に喧嘩を売ったコイツの落ち度だが。

今は深夜のエロトーク番組に熱中症気味だ。

「一石、おみやげ…は…」

何を期待していやがったのか、振り向き俺に手を差し伸べようとしていたバカの表情が凍る。

「ねぇよそんなもん」

俺はそう言いながら靴を脱ぎ、台所に移動しようとしたが、俊之に腕を捕まれ足を止める。

「何だ?ホントに何にもねえぞ。それよか俺は飯を…」

振り向きながらその手を払おうとして、俺もまた凍りついた。

「お兄さん、私にもご飯~」

それが当り前とで言う様に、彼女は居た。

「何でいるぅ!?」

何でだ、化生は地縛霊みたいなもんじゃなかったのか。

焦りで思考がグルグルする。

とゆうか、この娘様。

ご丁寧に実体化までしてやがる…!

唖然としている俊之に俺は必死に語りかける。

「いや、ホラ、外は寒そうだし、この娘身寄りも無いっていうんでね?ちょっと飯でも食わせてやろうかーなんてね!?」

必死で偽る俺の乾いた笑いが部屋に響く。

だが、その声に俊之は耳も貸さず雪女を見つめ、見つめられている雪女はニコニコと俺に柔らかい微笑を向けている。

あー…俺何か凄くバッドエンドに近い気がする…。

そして、遂にその終りは始まった。

俊之の目に一瞬でブワッと涙が溢れ、夜中だというのも忘れ叫んだ。

「一石が女の子を連れ込むような色情狂いになったぁぁぁぁぁぁぁああああ!!!!」
[PR]
by kujikenjousiki | 2006-02-07 17:27 | 小説

ぶぉらっしゃぁ

えー、専門ポシャった(゚ω゚)


orz


そんな具合な日々です皆様如何お過ごしでしょーか(゚Д゚)

まぁ、理由は色々とあるのですが。

簡潔に言ってしまえば金銭面という根本的過ぎる問題でしょーか(´ω`)

いやーまさかね、申請に2ヶ月かかるとかもうね、知らなかったしねorz

でもまぁ、今年はちゃんとした目標もあるので、そのためにすげー頑張ろうかなぁなんて思ってますw

あぁ、というわけで大して忙しくもなくなった今日この頃。

ブログの更新週1とか言った気もするけどやっぱ今までどおり。

気が向いたら書きます

もとい、ちゃんと数書いてこうと思います(´ω`)

やっぱりこういうのは、数書いて見て貰わなきゃ何の練習にもなりませんしねw

というわけで、バカしちゃった俺ですが皆様また読んでやってくだちぃorz
[PR]
by kujikenjousiki | 2006-02-01 03:25 | 日記

一時の休息

「さぁて……まいったわね」
 白銀に輝く月の中心に、小さな小さな影一つ。虚空に浮かぶ箒に腰を降ろした少女がポツリと呟いた。
「やってくれるわ此処の創世者も…まさかよりによって私にこの仕事させるなんてね…」
 膝の上に頬杖をつき嘆息する。
 彼女の瞳に映るのは、自分と全く同じ顔をした少女と、白い剣士の逢引シーン。細かく言えば眼下の少女の瞳の色や髪の毛の長さなど、微妙に違ってはいるのだが。
「どうしたモンかしらねぇ…」
 彼女の身に纏っている漆黒のローブの胸元から、一枚の紙片を加えた伝承とは全然違う姿をした小さな鵺、エルが顔を出す。
「どうしたもナニも、指令通りに動けばいいんじゃないの?」
 少女はエルから紙片を受け取ると、眼を通した。この作業は既に一度済ませてあったが、現場における現状と、自分が想定していた状況とが激しく違いすぎている。紙片にはこうある。曰く、〝突如出現した歪の除去及び、歪を起こした当事者の消却〟
 この当事者が一体誰を指すのか。それはもう疑問とする必要さえないはずなのだが、どうにも腑に落ちない。
「主~、早く動こうよ。僕もうこの世界飽きちゃった」
 何にもなくてつまんな~いとブーたれる小動物。人が考え事をしていてもどうやらお構い無しのようだ。
「うっさいわね…もう暫く様子を見ましょう。結果が見えているのなら、少し変化を求めたっていいでしょう?それに、これで終るわけがない」
 それに、そのくらいないと役得にもならない。
 彼女は呟くと、ブツブツと抗議するエルを無視してその場から飛び去った。
 
                            ◆

「………」
 深い深い深淵から意識が浮上する。
 どうやら、長い間眠っていたらしい。目覚めたネフェルに、ホルスが駆け寄った。
「良かった、やっと眼が覚めたのね?」
 彼女は安堵の息を吐いた。
「ホルス様…俺は一体…ここは…?」
 思考が霞がかったようにボンヤリとしていて、どうにも意識がハッキリしない。
「呆れた、あれだけの事をしておいて覚えていないだなんて」
 クスクスと、可笑しそうに笑う。
「ここは城内の医務室よ。あなたが怪我をして運びこまれるなんだて初めての事だから、馴染みは薄いでしょうけれど」
 ネフェルは頭を振って霞みを払い、意識を凝らした。そしてようやく、昨夜の闘いを思い出した。
「あ…俺は…負けた、のか…」
 自ら挑んだ闘い、そして初めての完全な敗北。未だ胸に残る斬撃による痛み。ガードしたはずなのだが、衝撃だけはどうにもならなかったのだろう。そして、その衝撃で槍は断たれ……。
「そうだ、ロンギヌスは!?」
 思い出し、慌てて周囲を探す。親父から受け継いだただ一つの形見、俺の…相棒。
 槍は、ネフェルが寝込んでいたベッドのすぐ横の壁に立てかけられていた。
 その姿は日光に照らされ美しく、何時もの通りの華々しき白銀の輝きを宿していた。
「ロンギヌス…どうして」
 ネフェルは傷の痛みも忘れ、呆然としていた。なにせ、この槍は昨夜の闘いで完全に両断されたはずなのだから。
「凍牙…いえ、白翁様が言っていました。貴方のロンギヌスは神器。神の創った物故にその性質は極めて異質で、武器一つにも意思がある、と。もしもその槍があなたを主人と認めていなければ、その力は発揮されない。ただの槍に成り下がるだろう、と」
 ホルスはネフェルを見つめ、凍牙に託された言葉を告げる。
「そして神器にはもう一つ、特別な機能があると。神器を手にする者は須らく、己が魂を半分武器に宿し、武器の意思と融合させる。それ故に、武器自体は不滅の物となるそうです」
 それは持ち主の意思とは関係無く行われる儀式。しかしネフェルはその説明に何らかの確信を得た様子だった。
「つまり…俺が死ぬ時までロンギヌスは」
 ホルスはコクリと頷いた。
「えぇ、貴方と共に在り続けます。そして、その槍の力を解き放つのもまた貴方次第なのです、ネフェル」
 ネフェルはその言葉を聴くと、ロンギヌスを抱きかかえ、俯いた。
「すまねぇロンギヌス…」
 不甲斐無かった。まだ主として認めてもらってすら居なかった自分。そして、強さに甘んじて浮かれていた自分が。そんな自分に付き合ってくれていたロンギヌスに申し訳無くて。情け無くて。恥ずかしくて。
負けた、という悔しさもあってか。
 ネフェルは初めて泣いた。
 心の底から、自分を見つめて。
「……ネフェル」
 どれほど泣いたのか、ようやく彼の嗚咽が落ち着きを見せた時、ホルスが口を開いた。
「聴きなさい、ネフェル」
 優しく、ホルスがネフェルの頭を撫でる。初めて自分の呵責に気づいた子供を慰める母親の様に、優しく。
「…貴方を今苛んでいるその苦悩はきっと大切なものです。考えて、悩み抜きなさい。そして、誇りを持ちなさい」
 ネフェルは少し驚いて顔を上げた。
「誇りを…?」
 こんな愚かな自分がどうして誇りなど持てるというのか。
「貴方は今まで闘い続けてきた。それが全て私や、貴方の愛する国のためであった事は誰よりもこの私とあなたが護り抜いた民達が知っています。そうでしょう?」
 ネフェルは答えられなかった。
 本当に?
 今まで彼はそう信じて闘ってきた。
 自分が愛する民達を護ると。
 傷ついても、例え死しても仲間を護り勝利を納める事が、王を喜ばす方法だと信じて。
 でも本当はどうだったのだろうか。
 全ては自分の名誉のためだったのかも知れない。自分が喜ぶための方法だったのかも知れない。汚く醜い自分のプライドを保持するために闘い続けてきたのかも知れない。たったそれだけのために、自分と同じ〝命〟を奪い続けてきたのかも知れない……。
「例えそうでもいいじゃないですか」
 驚きに眼を見張る。
 ホルスが、まるでネフェルの心を読んだかのように━━
「清濁を決めるのは、結局自分なんだと思います。それがどのようなモノであれ、貴方は結果を出したじゃないですか。だから、誇りなさいネフェル。私は貴方が立派であると信じているのですから」
 自分を疑って悩めるぐらい清廉な精神を持ったこの男を、一体誰が罵れるだろう。
 「きっと、自分を一度も疑わずに生きれる人なんていませんよ。でも、疑ったら、ちゃんと確認してください。ちゃんと、信じてください、自分を」
 ホルスはベッドのすぐ傍の窓を開けた。柔らかな陽射しと風、そして小さな子供達のはしゃぐ声が流れ込んでくる。
「ほら」
 ホルスが外に一声かけると、子供達が走り寄ってきた。
「こんにちはホルス様っ!」
 元気に挨拶をする子供達を、彼女は慈しみながら出迎えた。
「ホルス様、ネフェルお兄ちゃん元気になった!?」
「ネフェル様、怪我だいじょうぶー?」
 子供達が心配そうにホルスに訊く。
「えぇ、もう眼も覚めてすっかり元気みたい」
 挨拶してあげて、とホルスが促すと、窓を飛び越えて彼等はネフェルに駆け寄った。
 矢継ぎ早にネフェルを心配する声がかけられる。
「……これも貴方が導き出した結果なんですよ、ネフェル」
「……はい」 
 もう、苦悩する事もないだろう。
 そう考えたが、またも涙は止まらなかった。
 柔らかい陽射しと空気の中、彼は泣いた。

                               ◆

「…己が弱さに苦悩するくらいでないと、強くはなれんさ」
 陽射しから逃げるように木陰の中でのんびりと座っていた凍牙が呟いた。
 眠たげに、眼は半分閉じてはいるが、視線は窓の中の光景をちゃんと映していた。
 彼はとても良い戦士となるだろう。それこそ、英雄に。
 自分の弱さも強さもちゃんと知った上で、人は初めて成長できる。それを知らないままでは、限界も底辺も見えずにただ彷徨うだけ。そんな人間が強くなれるワケがない。
 一度は必ず敗北を知っておくべきだ、と彼は考える。その敗北がどのような容で訪れようと。だが、それに飲み込まれたままでは意味が無い。
 今のネフェルのように、どんな些細なきっかけでも立ち上がる事が出来れば、必ず成長するだろう。どの方向に成長するかは人次第。
 その道が例え愚道でも、歩き切らねば見えぬモノもあろう。
 ネフェルは運がいい。
 初めての敗北が、ホルスという絶大なる助けを得て、立ち上がる事ができたのだから。
「後は貴様次第だ、ネフェル」
 今まで子供達にせがまれて、瑞穂国に伝わる一般的な遊びを教えていたのだ。
 子供の世話など初めての事で、少々疲れたが、ただ、なんとなく心地良いモノがあった。
 この先、闘いに身を没する事なく、こうしてのんびりと過ごしたいと、望んだ。
 初めて幸せという感覚に浸った戦士は、穏やかな寝息をたて始めた。
 
[PR]
by kujikenjousiki | 2006-02-01 03:11 | 小説